第一印象をワンランクアップ!色選び術をマスターして印象美人に

may_001
2018.04.27

「色気」や「顔色」など、その人の持つ雰囲気や気分を表す言葉には、「色」という言葉が使われることがあります。それもそのはず、まとう色が周囲の人々へ与える影響はとても大きく、色の持つ印象によってその人の印象が左右されると言っても過言ではないのです。逆に考えると、色を味方につければ、人に与える第一印象を、自分である程度コントロールすることができるのです。

 

まずは、自分の好みではなく、その日会う人との関係性によってテーマカラーを決めてみましょう。そして、そのテーマカラーの服(または小物)を中心にファッションコーディネートを考えていきます。以下、具体的なテーマカラー別のアイテム例をご紹介します。

 

新しい事に挑戦する時は「白」

 

新しい年の初めや、新年度、また何か新しい事に挑戦する時など、自分がまっさらな状態になりたい時は、白いアイテムを取り入れてみましょう。白は何にも染められていない心の状態を反映する色です。また、光を反射して顔を明るく見せてくれるので、生き生きとした表情が際立ちます。

 

おすすめなのは白いシャツです。誰もが一枚は持っているアイテム。また、パンツにもスカートにも合う定番スタイルなので、コーディネートもしやすいでしょう。

 

親密になりたかったら「オレンジ」

 

暖色系の中でも、赤や黄色ほど主張せず、暖炉のような暖かな印象を与えてくれるのがオレンジです。出会う人に、優しく受け止める包容力を感じさせてくれるでしょう。

 

そんなお得なオレンジですが、あまり前面に出してしまうと、暑苦しい印象になってしまう事も。スカーフなどの顔周りの小物に取り入れてみるのがおすすめです。

 

仲裁役は「グリーン」

 

同性同士の集まりや、気まずい関係の人たちを仲裁するなど、人間関係をこじらせたくない時におすすめなのは、グリーンです。自然界に満ち溢れているグリーンは、人々に安らぎを与えてくれると同時に、場に馴染み、周りを調和する雰囲気も醸し出してくれます。

 

男性ならぜひグリーンのネクタイを。また女性は上品なグリーンのニットやカーディガンなどがコーディネートしやすいでしょう。

 

交渉事は「ブルー」

 

涼しさや平和をイメージさせるブルーは、緊張を押さえ、冷静に対応したい時におすすめのテーマカラーです。交渉事や人前に出る機会などで活用してみたいですね。

 

そんなブルーは、ぜひアクセサリーで取り入れてみてはいかがでしょうか。サファイヤを始め、ターコイズやトパーズ、ラピスラズリなど、様々な青色の天然石があります。

 

周りを引っ張る時は「赤」

 

情熱の色、赤をテーマカラーにする時は、周りを巻き込み、先導したい時でしょう。ただし、とても強い色なので、ともすると厚かましい印象になってしまう事も。オレンジ同様、あまり前面には出さずにワンポイントの差し色として使うと良いでしょう。

 

おすすめは、赤い靴やバッグなど。そして、アクセサリーなどパーツパーツで取り入れていくと、とてもおしゃれで目を引くファッションになります。

 

まとめ

 

鮮やかな色は、人に与える印象が強いので、ファッションに取り入れるのは難しいと感じている方もいらっしゃるかもしれません。そんな方は、まずは小物やアクセサリーから始めてみてはいかがでしょうか?今までとは違う色をまとい、新しい自分に出会う事ができるかもしれません。

この記事を書いた人

may_001
関西最大のおやじバンドフェス|SuperOyajiFes.2020(スーパーおやじフェス2020)