シニアのおしゃれは遊び放題!今こそモダンボーイスタイル

しらとはる
2018.09.18

シニアのおしゃれは遊び放題!今こそモダンボーイスタイル

和装と洋装が入り混じる昭和初期の街を、最先端のスタイルで彩っていたのがモダンガールとモダンボーイ。略して「モボ・モガ」です。

50代60代のシニアとっては、モダンでハイカラだったおじいちゃんとおばあちゃん、あるいはそのひとつ上の世代でしょうか。憧れと懐かしさ、その両方を感じられる存在かもしれません。

社会的な肩書や立場から解放され、自由におしゃれを楽しめるようになった今こそ、モダンボーイとして男っぷりを上げてみませんか?

若きモダンボーイ 自分の流行は自分で決める

現代は、みんなが一斉に同じ格好をするほど大きなムーブメントは起きません。その代わり、それぞれが好きな時代のファッションと世界観を身にまとっています。

Instagram(インスタグラム)などのSNSサービスを覗いてみると、多くの若きモガ・モボが見つかるのをご存じですか?大正モダンも昭和レトロも、彼らにとっては未知の世界。今風のイケメンが、往年の映画スターのようなハンサムに!

https://www.instagram.com/p/BjCzErylR3q/?utm_source=ig_embed_loading

先輩モダンボーイ シニアのおしゃれは遊び放題

かれこれ数十年付き合ってきた「無難なスーツ」をいったん休ませて、新たにスリーピースを仕立ててみてはいかがでしょう。あなたが白髪や銀髪なら、明るく鮮やかな色の生地にも負けなくなっているはずです。

ポケットチーフ、カフスボタンやネクタイピン。アクセサリーで遊んでも浮ついたイメージにならないのは、シニア特有の貫禄と落ち着きがあるから。

 

とっておきの帽子がスタイルをまとめる

モボスタイルを上手にまとめてくれるのが帽子。とはいえ、いざとなると種類が多くて選ぶのが大変です。まずはモボの定番ともいえるカンカン帽と、こなれた品の良さを感じさせるソフトな中折れ帽をおすすめします。

活動的なイメージのハンチング、美術館や博物館にはベレー帽、おめかしするなら山高帽、男っぽくするならパナマ帽。帽子の世界は果てしなく、新しいオモチャを手に入れた気分にさせてくれますよ。

時谷堂百貨 FOGGIA DUO(フォッジャ ドゥーオ)

ヴィンテージのネクタイで胸元を華やかに

上着を脱ぐと、なんとなく胸元が心もとない。でも、よく考えたらフォーマルとビジネス用のネクタイしか持っていないし……そんな方も多いでしょう。

シニア世代にぴったりなのは、どんなに派手な柄を選んでもクラシックさを失わないヴィンテージネクタイです。ふっくら立体的に結べば、一気に胸元が華やかになります。

この記事を書いた人

しらとはる

投稿者:

しらとはる

北国で暮らすフリーライター。モットーは中庸の王道。スピリチュアルから家計費の節約まで、興味の赴くまま文章を書いています。

関西最大のおやじバンドフェス|SuperOyajiFes.2020(スーパーおやじフェス2020)