オフシーズンでも楽しみたい!3月に堤防から狙えるターゲットは?

馬の耳に小林
馬の耳に小林
2020.02.28

海水温が低い季節は釣りのオフシーズンとされていますが、それも釣りを楽しみたいのがアングラーの本音ですよね。3月の釣りで狙えるターゲットをまとめてみました。釣行の参考にしてみてください。

 春先の魚と言えば「メバル」

春を告げる魚として知られている「メバル」。釣って楽しく食べてもおいしい魚として、釣りのターゲットとして人気があります。2月は産卵期を迎えるため食い気が弱く、釣るのに苦戦することが多くありますが、3月半ばごろから産卵を終えたメバルの食い気が復活!ゴールデンウィークあたりまでは、積極的に狙っていきたいところです。水温が12度を超えると活性が途端に高まる魚なので、暖かい日を狙ってお出かけください。

メバル釣りの詳細については、以前に「【冬~春】メバル釣りを楽しもう!釣り方や仕掛け、釣果を上げるコツ」としてご紹介していますので、合わせてご参照ください。

 産卵で接岸「チヌ」

海水温が低い時期でも大型の魚が釣りたいという方におすすめなのが「チヌ」です。産卵のために堤防の足元付近まで接岸してくるため、ぶっこみ釣りで迎え撃つことをおすすめします。堤防からのチヌ釣りといえば、カニやイガイを使った釣りのイメージが強いかもしれません。しかし、この産卵シーズンは、硬い餌よりもイソメやオキアミがおすすめ。引きが強いチヌを相手にするときには、しっかりとしなるチヌ専用竿があれば安心です。

参照:ダイワ(Daiwa)ブラックジャックスナイパーメタルチューンヘチF-300M

 実は高級魚も狙える「マダイ」

マダイといえば、堤防よりも船釣りのイメージが強い方が多いかもしれません。しかし、3月はマダイも産卵のため接岸します。堤防から高級魚を釣り上げられるチャンスです。チヌほどチャンスが多いわけではありませんが、少し水深のある場所を見つけたら積極的に狙っていきたいところです。岩礁近く、水深が深めで海底に近い場所を狙うことがポイントです。餌はユムシが最適ですが、イワガニやエビ、イソメ類でも狙えます。

 

3月後半なら「カレイ」

気温が温かくなり安定し始めることの人気ターゲットといえば「カレイ」です。「花見カレイ」と呼ばれるように、お花見シーズンのころに戻りカレイが狙えます。堤防やサーフからの投げ釣りで狙えます。カレイは秋にもハイシーズンを迎えますが、秋よりも春のほうが断然サイズが大きく、運がよければ座布団サイズの大物が当たることも。当たりを感じても、しっかり食いつくまで少し粘ることがバレないコツ。周囲に迷惑をかけない範囲で、広く探ってカレイのポイントを探してみてくださいね。

 3月はターゲットを絞って楽しもう

夏のように五目釣りが楽しめるわけではありませんが、ターゲットを絞れば十分に3月でも釣りが楽しめます。当たりの数は減るものの、その分エサ取りに合う確率も下がり、効率の良い釣りが楽しめると言っても良いかもしれません。少し気候が安定するとはいえ、まだまだ海は寒いので、しっかり防寒対策をしてお出かけください。

 

 

馬の耳に小林

この記事を書いた人

馬の耳に小林
関西最大のおやじバンドフェス|SuperOyajiFes.2020(スーパーおやじフェス2020)