『カジノウォー』1980年代後半にアメリカで誕生したカードゲーム

iancurtis
2018.10.29

「カジノウォー」はカジノのカードゲームの中で最も歴史の浅いゲームです。1980年代にアメリカで登場するや否や、一気に人気を博していきました。

この新参のカードゲームは、現在では多くのカジノでプレイが楽しめるようになっています。誕生からまだ30年程度しか経っていないのにも関わらず、なぜここまで人気の高いカードゲームとなったのでしょうか?

今回は、この「カジノウォー」のシンプルなルールについてと、その魅力についてご紹介していきます。

 

シンプルなルールが魅力のカジノウォー

カジノウォーのルールは単純で、カードの数字の大きさで勝負します。

カードの強さは「A」が一番強く、「2」が一番弱いカードです。カードの絵柄も関係ありません。

出典:CROWN

そして、このカジノウォーの最大の特徴は「プレイヤーとディーラー1対1の勝負」で、配られたたった1枚のカードで勝敗をつけるという単純明快さにあります。

 

カジノウォーのゲームの流れとチップの賭け方

ベットも2種類のみとなります。ANTE(アンティー)とTIE(タイ)と書かれたの2つのエリアにチップを賭けます。

出典:worldenjoycasino.com

  • アンティ⇒ディーラーとの数字の大きさを競う賭け方。
  • タイ⇒ディーラーとプレーヤーの数字が同じになると予想した賭け方。

なお、両方に賭けても構いません。ただし、タイだけ賭けることはできません。つまり、「アンティ+タイ」もしくは「アンティのみ」の2つのベット方法しかないと言うことです。

 

カジノウォーの勝敗のつけ方

ベットが終わったら、プレーヤーにカードが配られ、ディーラーと勝負します。

出典:worldenjoycasino.com

勝てば2倍、負ければ没収となります。なお、このときタイにも賭けていたのであれば、もちろんタイへのベットは没収となります。

 

「引き分けた」場合

タイに賭けられていれば10倍が支払われます。さらにこの後、プレイヤーは「ウォー」か「サレンダー」の2択を選ぶ駆け引きが待っています。

  • ウォー⇒アンティへさらに追加で同額を賭け再勝負をすること。
  • サレンダー⇒ベットした額の半分(又は全額の場合もある)を払って、ゲームを降りること。

出典:CROWN

ウォーして勝てば、追加で賭けた分が2倍となり、最初のベットはそのまま戻されます。

そして、滅多にありませんが再度引き分けた場合は、最初のベットにも追加で賭けた分にも2倍の配当がつきます。

 

カジノウォーはシンプル&速いゲーム展開ゆえに攻略が難しい

これはほぼ運任せのゲームなので、必勝法はないと言えるでしょう。ゲーム展開も速いため、自分で賭け方をコントロールするしかありません。

引き分けになる確率はもちろん低いので、「アンティ」にだけ賭ければ良いような気もしますよね。しかし、「タイ」にも少額ずつ賭けておくと有利という考え方もあります。

出典:onlineunitedstatescasinos.com

「アンティ」で単純に数字の大小を競うのもいいですが、「タイ」に賭けておくとその後の駆け引きにも期待できますよね。

 

カジノウォーはベット方法が2種類のみと単純なルールなため、自分なりに運の流れを掴み賭けて行くしかありません。

このシンプルさこそが、人々を魅了する最大の理由なのかもしれませんね。

 

この記事を書いた人

iancurtis
関西最大のおやじバンドフェス|SuperOyajiFes.2020(スーパーおやじフェス2020)