冬のジャズライブ情報<2018年12月>

Reirei
2018.11.26


2018年もあと1ヶ月少々となりました。
皆さんにとってはどんな1年だったでしょうか。

今回は12月をお洒落に楽しむシニアのために、厳選ジャズライブ情報を3本お届けしましょう
筆者が実際に生で聴いて「この人は素晴らしい!」と思ったミュージシャンが出演するライブのご紹介です。
大阪と名古屋はちょっとお高めになりますが、今年の労をねぎらう意味で少し贅沢をするのも良いのでは?

大晦日から年をまたいで繰り広げるカウントダウンライブは、ジャズにもあります。
アットホームなジャズバーでは常連客が集い、新しい年をジャズの音色と共に迎えます。
今回は大阪の1ヶ所だけですが、常連ではなくても楽しめるカウントダウンライブの情報もご紹介します。

 

大阪は豪華絢爛カウントダウンライブ!

12/31(月)~1/1(火) Hidefumi Toki「6/6」~SIX SIXTHS~
COUNT DOWN Special Live 2018~2019

土岐英史(as)、鈴木央紹(ts)、市原ひかり(tp)、矢藤亜沙巳(pf)、佐藤”ハチ”恭彦(b)、奥平 真吾(ds)

3本の管楽器(アルトサックス・テナーサックス・トランペット)にピアノ、ベース、ドラムスの
6人編成(セクステット)という、カウントダウンライブに相応しい豪華絢爛さ。しかも全員超実力派!!

土岐英史さんはジェントルでスモーキーな音色が特徴的。
ジャズを聴き込んでいる方はもちろん、初心者の心にも丁寧に語りかけてくるような演奏をされるという印象があります。
山下達郎さんのバックバンドで34年間も演奏していた上、日本のポップスや映画音楽も手掛けてきたスーパープレイヤー!

鈴木央紹さんは『ルパン三世』の曲でお馴染みの大野雄二さんと共に活動するサックス奏者。
私はCDでしか演奏を聴いたことがないので、早く生で聴きたい方のうちのひとりです。

市原ひかりさんはキュートなビジュアルからは想像できない、パンチの効いた音を繰り広げます。
お父様は、大野雄二さんのバンド「大野雄二&ルパンティックシックス」のメンバーでもある、ドラマーの市原康さん。
父娘ともに、筆者の大好きなミュージシャンです。

矢藤亜沙巳さんは私の大好きなミュージシャンたちとの共演が多いので、その実力はばっちりのはず!

佐藤”ハチ”恭彦さんは、土岐さん・鈴木さんとよく共演されています。私が聴いた時も土岐さん・奥平さんとの共演でした。
渋く端正な演奏をされる方だなというイメージです。絶対音感の持ち主。

奥平真吾さんは、以前の記事 「日本のジャズミュージシャン(2)」 で特集しました。
筆者も大プッシュする、日本が誇る天才ドラマーです。詳しくはそちらの記事で!

このライブを聴きつつ年越しが出来る大阪の方がとても羨ましいです。
ライブの後はそのまま初詣に行くのも良いですね。

12/31(月) Mister Kelly’s (←クリックするとお店のホームページが開きます)
大阪市北区曽根崎新地2-4-1 ホテルマイステイズプレミア堂島1F
TEL:06-6342-5821
地下鉄 西梅田駅から徒歩3分
JR大阪駅 桜橋口から徒歩10分

開場:20:00 1st 21:30 2nd 23:30
2ステージ・入れ替え無し

料金:前売¥6,600 当日¥6,900 (その他飲食料金がかかります)
予約しておくのが絶対おすすめです。

 

名古屋は『ルパン三世』で今年を締めくくろう!

12/30(日) 大野雄二 & Lupintic Six ~Lupin the third JAZZ~

大野雄二(pf)、市原康(ds)、ミッチー長岡(b)、松島啓之(tp)、鈴木央紹(ts)、和泉聡志(g)、宮川純(h.org)

皆さんお馴染みの『ルパン三世』は、ジャズピアニスト・大野雄二さんによる楽曲です。
あの超格好良い曲を、作曲者本人の生演奏で聴いてみませんか?

市原康さんは、大阪でのカウントダウンライブに出演する市原ひかりさんのお父様。
渋いいぶし銀のような輝きと、ほんの少しスパイシーな香りのする演奏をなさる方です。
市原さんがギター&ハモンドオルガンとの Trio で演奏なさったのを聴いて、筆者は一気に虜になりました。

ミッチー長岡さんは伝説的ロックバンド・SHOGUN のメンバー。
松島啓之さんはラテン・ジャズ・ビッグ・バンドの熱帯JAZZ楽団メンバーです。
和泉聡志さんはミッチーさんと同じく、ロック畑でも大活躍しています。
このお三方については残念ながら生演奏を聴いたことがありませんが、CDなどではお馴染みでした。

鈴木央紹さんはこのライブの後大阪に飛び、カウントダウンライブに合流するようです。流石売れっ子ですね。

宮川純さんのハモンドオルガンは、市原康さんとは別の Trio で数回聴いています。
若さが持つエネルギーと正確な技術が、圧倒的な存在感を放つ演奏でした。

12/30(日) Blue Note NAGOYA (←クリックするとお店のホームページが開きます)
名古屋市中区錦3-22-20 ダイテックサカエビル B2
TEL:052-961-6311
地下鉄東山線 栄駅 8番出口から徒歩5分

1st 開場 16:00 開演 17:00
2nd 開場 19:00 開演 20:00
入れ替え制です。お店の予約状況を見て、満席でしたら当日売りの自由席をゲットしてください。
自由席は当日14:30から受付を開始します。
1stの予約席は、11/25時点で残り僅かです!

料金:1st・2nd 各¥8,000 (その他飲食料金がかかります)

 

東京のクリスマスはアットホームなお店で

12/25(火) 石川真奈美(vo)、吉木稔(b)


2018年11月18日 池袋 P’s Bar にて

筆者はインストゥルメンタル(楽器のみの演奏)のジャズを好んで聴くのですが
こちらの石川真奈美さんは別格です。そのボーカルは「歌」を超えた「至宝の楽器の音色」。
今回は吉木稔さんのベースのみとの共演という、なかなか珍しいパターンです。
ジャズの名曲やクリスマスソングと共に、しっとりとした大人のクリスマスをお過ごしください。
真奈美さんはとても明るく楽しい方なので、笑いも絶えないことでしょう。
終演後にはお店恒例の「変顔記念写真撮影」が行われるはず(笑)

お店はとても小さく、こじんまりとしています。
いわゆる「投げ銭制=チップ制」なので途惑うかもしれませんが、¥2,000~¥5,000くらいでOKですよ。
終演後に専用のボトルにお金を入れる形になります。千円札を数枚用意していきましょう。
お店近くに銀行ATMがあります。

12/25(火) Big River (←クリックするとお店のホームページが開きます)
東京都中野区東中野4-2-27
JR東中野駅東口すぐ・ムーンロード内
開場 19:30 1st 20:00 2nd 20:45 3rd 21:30
3ステージ・入れ替え無し
MC(ミュージックチャージ)チップ制 +ドリンク代 ¥1,000(2杯分)

 

増していく寒さと年末の慌ただしさで、お疲れの方も多くなることでしょう。
体だけでなく、心にも栄養と休養が必要な時期です。
素敵な音楽をたっぷり聴いて、元気に新年を迎えましょう!

この記事を書いた人

Reirei

投稿者:

Reirei

多趣味小芸のぐうたら50代。 音楽はクラシックからAKB48まで、何でも楽しく聴きます。 50代からはまったジャズライブ通いは、もはやライフワークのようなもの。 特技はPCいじり(自作も)、糖質制限メニュー開発等々。

関西最大のおやじバンドフェス|SuperOyajiFes.2020(スーパーおやじフェス2020)