北海道のグルメに注目! ラム肉のしゃぶしゃぶやスープカレーを満喫しよう

岡崎 康裕
2018.09.27

北海道グルメにはジンギスカン以外に「ラム肉のしゃぶしゃぶ」や「スープカレー」があります。
どちらも北海道でしか食べることのできない料理ですので旅行をするならぜひ味わっておきましょう。
今回は、北海道札幌市で「ラム肉のしゃぶしゃぶ」や「スープカレー」が食べられるお店をご紹介いたします。

 

ラム肉のしゃぶしゃぶなら「ポッケ」

ラムは子羊の肉のことで北海道の特産品です。
ジンギスカンでは臭いが気になるラム肉ですが、しゃぶしゃぶで食べる場合は問題ありません。
北海道しゃぶしゃぶ「ポッケ」なら1人でも楽しめて混雑していなければ予約が無くても利用できます。
肉を熱するスープは2種類あり、「昆布だし」の他に「塩スープ」というタレが不要なものがありました。
ラム肉のしゃぶしゃぶは豚などに比べて脂肪がなく、牛よりも筋が少ないので食べていても飽きにくいのが魅力の一つでしょう。
独特の風味はありますが、ジンギスカンしか知らない人なら今までにない食感を楽しめます。
「ポッケ」の肉は特にやわらかく、北海道に行くなら1度は口にしてもらいたいですね。
最初に昆布だしでラム本来の味を知って、慣れてきたら塩スープを利用するのがおすすめです。
なお「ポッケ」は2種類のお店があり、しゃぶしゃぶ専門が5階、ジンギスカン専門が3階にあります。食べに行くときは間違えないように気をつけて下さい。

 

スープカレーを味わうなら王道の「すあげ本店」

スープカレーとは水のように完全な液体となっているカレーです。
大きな野菜が塊でゴロゴロと入っていて、一般的なカレーとは別物の料理と言えるでしょう。
札幌の名店「すあげ」はスープカレーを食べるのなら外せません。
店内は北欧風の落ち着いた内装で統一されていて、王道のスープカレーを提供しています。支払いは現金のみですので注意して下さい。
このお店では肉と野菜の他にも牡蠣のスープカレーがあります。
磯の味がする牡蠣が6個も入っている贅沢な1品ですので味わうとやみつきになります。
他にもラム肉が入ったメニューもありました。
カレースープには2種類あって、通常のスープカレーの他にイカスミを加えたものがあります。
6段階の辛さが選べ、辛いのが苦手という人でも甘口なら辛味は感じませんでした。

 

北海道旅行をするならラム肉のしゃぶしゃぶとスープカレーは食べに行こう

ジンギスカンやラーメンに目が行きがちな北海道グルメですが、他にも独自の料理がたくさんあります。
ラム肉のしゃぶしゃぶとスープカレーは北海道以外では食べることはできないため旅行に行くならぜひ立ち寄ってみて下さい。

 

・北海道ポッケ
北海道札幌市中央区南3条西3 都ビル5F

・札幌スープカレー すあげプラス – suage+ –
北海道札幌市中央区南4条西5 都志松ビル2F

この記事を書いた人

岡崎 康裕
関西最大のおやじバンドフェス|SuperOyajiFes.2020(スーパーおやじフェス2020)