海外旅行の英語シリーズ! エアポート編〜搭乗ゲートで役立つ英語フレーズ

喜怒哀楽スタッフ
喜怒哀楽スタッフ
2018.06.08

前回は、搭乗前のチェックインの英語フレーズを紹介しました。無事にチェックインができたら、次は、搭乗ゲートへ進みます。そこでは、搭乗案内が行われます。そこでのアナウンスを 聞き取れない場合、搭乗が遅くなったり、自分の番ではないのに搭乗準備をしてしまったりすることがあります。このようなトラブルを避けるためにも、今回は、搭乗案内でよく聞かれる英語フレーズを覚えておきましょう。

 

1、搭乗券

 

搭乗券(Boarding pass)はチェックイン時にカウンターで受け取ります。搭乗券には、搭乗ゲート(gate)、搭乗時刻(boarding time)、座席(seat)が書いてあります。カウンターで搭乗券を受け取る時に、地上スタッフが次のように説明してくれます。

 

Your flight will leave from gate 10A and it will be boarding at 2:00. Your seat number is 8A.

(飛行機は、10Aのゲートから離陸します。2時に搭乗開始となります。お客様の座席は、8Aです。)

 

 

2 、搭乗案内の英語フレーズ

 

搭乗ゲートは、通常、空港の電子ボードに掲示されます。搭乗ゲートに変更が生じた場合には、次のようなアナウンスが流れます。

 

There has been a gate change.

(搭乗ゲートが変更になりました。)

 

搭乗開始のアナウンスは、

 

EU Airlines flight 776 to Narita is now boarding.

(成田行きEUエアライン779にご搭乗できます。)

 

搭乗は、ファーストクラスやビジネスクラスのお客様から呼ばれます。

 

We would like to invite our first class passengers to board.

(ファーストクラスにご搭乗のお客様をお呼びいたします。)

 

その後に、その他のクラスのお客様が搭乗できます。

 

We are now inviting all passengers to board.

(ご搭乗のお客様全員をご案内しております。)

 

搭乗前に地上スタッフが搭乗券とパスポートをチェックします。

 

Please have your boarding pass and passport ready for boarding.

(ご搭乗の際に、搭乗券とパスポートをお持ちください。)

 

交通渋滞などで到着が遅れた場合、

次のアナウンスが流れたら、急いで搭乗ゲートへ向かいましょう。

 

This is the final boarding call for Asian Airlines flight 567 to New York.

(ニューヨーク行きアジアン・エアライン567の最終搭乗案内をしております。)

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

搭乗ゲートでの手続きを快適にすませるためにも、今回紹介した英語フレーズを出発前に復習しておきましょう。

喜怒哀楽スタッフ

この記事を書いた人

喜怒哀楽スタッフ
関西最大のおやじバンドフェス|SuperOyajiFes.2020(スーパーおやじフェス2020)