あの大人気メニューを一工夫でヘルシーに!

矢崎海里
2018.05.15

まだまだがっつり揚げ物が食べたい!でもカロリーや脂肪が気になる…。そんなお悩みを抱えている人も多いのでは?実は、ちょっとした工夫でいつもの揚げ物がヘルシーに仕上がります。

実はどの家庭にもある「あの調味料」が、気になる中性脂肪に効果があるって知っていますか?今日は管理栄養士ライターの私が、「あの調味料」を使った大人気メニュー、「チキン南蛮」を一工夫したレシピをご紹介します。

 

特製タルタルのチキン南蛮

 材料(1人前)

鶏もも肉   120g

塩・胡椒   少々

小麦粉    大さじ3

片栗粉    大さじ1

揚げ油    適量

 南蛮たれ

しょうゆ   大さじ1

みりん    大さじ1

酢      大さじ1/2

はちみつ   大さじ1

 タルタルソース

マヨネーズ  小さじ2

絹豆腐    大さじ1

(水切りをしておく)

玉葱     10g

ポン酢    小さじ1

 

 作り方
  1. タルタルソース用の玉葱はみじん切りにし、水にさらり、水気をよく切る
  2. ボウルにマヨネーズ、あらかじめ水切りをした豆腐、ポン酢を入れ、豆腐をつぶすように混ぜ、玉葱を加える
  3. しょうゆ、みりん、酢、はちみつを合わせ、南蛮たれを作る
  4. 鶏肉に塩・胡椒をし、小麦粉・片栗粉を混ぜ合わせ水で溶いたもので衣をつける
  5. フライパンに多めの油をしき、両面こんがりと揚げ焼きにする
  6. 火が通り、油切りをしたら熱いうちに③に漬け、味を染み込ませる
  7. 食べやすい大きさに切り、②のタルタルソースをかけて完成

 

ポイント

・豆腐入り特製タルタルでカロリーカット

タルタルソースを手作りすると、マヨネーズやゆで卵を使いますが、今回は卵を使用せず、マヨネーズの量を抑え豆腐を入れました。市販のタルタルソースに比べカロリー約50%カットしています。ポン酢を入れることで重たくならず、さっぱりと食べることができます。

 

・中性脂肪に朗報!脂肪の吸収を抑える「酢」

南蛮たれに使用した「酢」。主成分の酢酸は内臓脂肪減少に効果があるとされています。お酢の一日の摂取目安は15cc~30cc程度なので、料理だけではなくお酢ドリンクなどもおすすめです。

 

 

まとめ

他にも脂肪燃焼効果が高い食品として、りんご、ブロッコリー、チーズなどが挙げられます。そろそろ食事にも気を遣いたいと思う反面、まだまだ好きなものを食べたい!なんて方は、このような食品を積極的に摂取しましょう。

また、今回ご紹介した特製タルタルソースは、海老フライや牡蠣フライなど、タルタルソースと相性抜群の揚げ物を食べる際にも是非活用してみて下さいね。

この記事を書いた人

矢崎海里

投稿者:

矢崎海里

企業で管理栄養士をする傍ら、栄養や旅行についてのライターをしております。

関西最大のおやじバンドフェス|SuperOyajiFes.2020(スーパーおやじフェス2020)