【青イソメ・ゴカイ・マムシ】の特徴と釣れる魚を紹介

馬の耳に小林
馬の耳に小林
2022.01.17

※虫の画像が登場します。苦手な方はご注意ください。

どんなに高級な釣り竿を使っても、ターゲットになる魚と使うエサが合ってなければ魚は釣れません。今回は海つり用虫エサの定番「青イソメ・ゴカイ・マムシ」の特徴と、釣れる魚を種類別に紹介します。虫エサが苦手な方におすすめのエサも合わせてご紹介します。

虫エサ(生き餌)とは?

虫エサは、投げ釣りやウキ釣りで使われることが多いエサで、虫を生きたまま針にかけて使います。自然な状態に近いため、魚の食いつきが良いのがポイント。釣具店で簡単に購入できますが、取扱いがない店や、店によって活きの良さが異なることがあります。

定番といえば青イソメ

根魚を中心に、さまざまなターゲットにアプローチできる万能エサ。体液から発せられる臭いや、くねくねとした動きで魚を引き寄せます。口が大きく噛みつかれることがあります。滑ってうまくつかめないときは、釣具店で販売されている「石粉」をつければ、つかみやすくなります。

釣れる魚

ハゼ・カレイ・キス・ベラ・ガシラ・アイナメ・チャリコ・アナゴ・メバル・チヌ・メジナ・サバ・シーバスなど

口細の魚におすすめはイシゴカイ

青イソメよりも細く、口の細い魚に向いています。柔らかいため身切れてしまうことも多いですが、吸い込みに優れるメリットも。青イソメと同じく臭いと動きで集魚しますが、青イソメよりも細い分、噛まれることが少ないのが嬉しいポイント。価格は青イソメよりも若干高めです。地域によってはジャリメと呼ばれることもあります。

釣れる魚

ハゼ・カレイ・キス・ベラ・ガッチョ・ガシラなど青イソメとほぼ同じ

大物狙いならこれ!マムシ

青イソメよりも長く太いのですが、何よりも体液の臭いが強く、アピール効果は抜群です。青イソメで食いが弱いときに、アピールとして投入するのもひとつの手です。ただし、フグやベラなどエサ取りも集まりやすくなる上、価格が青イソメの2倍程度(約500円で5匹程度)するため、シーンを選んで使うことをおすすめします。地域によっては、イワイソメと呼ばれることも。海上釣り堀での使用も向いています。

釣れる魚

カレイ・アイナメ・チヌ・キビレ・マダイ・シーバスなど

虫エサが苦手な方の対処法

釣り好きの方でも、見ためや動き、手に付く臭いなどから虫エサが苦手な方は少なくありません。虫エサが苦手な場合は、ブツエビやシラサエビなどのエビ系や、ボイルあさりなども比較的万能エサなのでおすすめです。

虫エサに似せて作られた人工餌もたくさん販売されています。

なかでも人気が高く、バリエーション豊富なのがマルキュー社製の「パワーイソメ」。4色展開で、エギを選ぶように天候や水の濁りなどによって色が選べます。集魚効果が高めで、使い切れなかった分を次の釣行に回せるほか、生分解素材で作られているため安全性が高いのもおすすめポイントです。

番外編としては、お菓子のグミを釣りに使う方法もあります。「ひもQ」と呼ばれる、長いひも状のものが青イソメやマムシに似ているとして、釣り人の間で「ひもQ」を使った釣りが一時期ブームになったこともありました。しかし、残念ながら現在は生産終了となっています。グミで釣りを楽しんでみたい方には、形状が虫エサに近い「さけるグミ」や「フィットチーネグミ」がおすすめ。食いは虫エサや人工餌よりも落ちますが、グミなら子ども一緒に釣りを楽しむのにもぴったりです。

シーンや魚の特徴に合わせて選ぶ

虫エサはさまざまな種類のものがありますが、スタンダードといえば、青イソメではないでしょうか。狙うターゲットや釣り場の状況に応じて、虫エサを選んでみましょう。釣具店によって虫エサの生きの良さや、長持ち度合いが異なるため、新鮮な状態で販売してくれるお店を探すことも重要です。

 

 

 

馬の耳に小林

この記事を書いた人

馬の耳に小林
関西最大のおやじバンドフェス|SuperOyajiFes.2020(スーパーおやじフェス2020)